キャンピングカーとは

キャンピングカーは、寝泊りできる設備を備えた車の日本だけでの呼称です。 広義では米国のRecreational vehicle(RV)、狭義では同様に米国での大型自走式「Motorhome(モーターホーム)」と同義を示します。ま た欧州ではドイツ語で牽引タイプをWohnwagenやキャラバン、自走式をWohnmobilと呼んでいるが、これらすべて含めて日本ではキャンピングカーと呼んでいます。Camping-carはフランス語では自走式のキャンピングカーを指しています。

日本の道路運送車両法では、特種自動車の使用目的「キャンプまたは宣伝活動を行うための特種な設備を有する自動車」に該当すれば特種用途自動車に区分され、8ナンバー取得(登録)が出来ます。

以下架装形態での区分の一例を紹介します。専門誌では「コンバージョン」の“バージョン”を削って「フルコン」「バンコン」と呼ばれたりしています。

フルコンバージョン(通称:フルコン)

専用のベアシャシー(フレーム,駆動系、エンジンなどのみ)にキャビンの全てを架装メーカーが製造したもの。生産国が北米のものは「RV」と呼ばれ「クラスA」に相当する。ドイツではVollintegriertes Wohnmobil相当。全長は7メートルを超えるものもある。

セミ・フルコンバージョン(通称:セミフルコン)

バスボディの運転席より後部にプラットフォームフレームを組み、ハウスボックスを床下より設計し、キャビンを一体化して設計・製作したもの。

キャブコンバージョン(通称:キャブコン)

キャブ付シャシー(含む、ピックアップトラック、S.U.V.、および、ワンボックス型車をベースにしたもの)にキャビンを架装メーカーが製造したもの。生産国が北米のものは「クラスC」に相当する。ドイツでは架装によりバンクのあるAlkovenやバンクのないTeilintegriertes Wohnmobilに相当。

バンコンバージョン(通称:バンコン)

バン、ミニバン、ワゴン等をベースに架装メーカーが改造したもので、専らキッチン、サニタリー、就寝スペース等車内架裝に重点を置いたもの。生産国が北米のものは「クラスB」に相当する。ドイツではKastenwagenに相当。

バスコンバージョン(通称:バスコン)

バス、マイクロバスのベースボディーをそのままに、架装メーカーが改造したもの。窓が大きいため断熱性が低いと言われる。ドイツではWohnbusseに相当。

軽自動車キャンピングカー(通称:軽キャンパー)

軽自動車の貨物車や乗用車をベースにキャンピングを目的として設計・製造したもの(8ナンバー取得は問わず。ただし軽自動車登録のこと)。このジャンルの中でもフルコンバージョン、キャブコンバージョン、バンコンバージョン、軽トラック用トラックキャンパーに分かれる。

キャンピングトレーラー

けん引装置(ボールヒッチ、フィフスホィール)によって牽引されるシャシー(フレーム、車軸系などのみ)にキャビンを架装し製造したもの。別名「トラベルトレーラー」、欧州製のものは「キャラバン」。

トレーラーハウス

基本的にトラベルトレーラーと同じだが、より大型で外観は家屋に類似しているもの 但し、床面積が37.16㎡を超えるものは含まない。別名「モービルホーム」「定置型トレーラー」「パークトレーラー」など。

カーゴ・トレーラー

けん引装置(ボールヒッチ)によってけん引シャシー(フレーム、車軸系などのみ)にボックスまたは荷台を架装し製造したもので荷積載を主な目的とするもの(キャンピング車とは異なる)

ボート・トレーラー

けん引装置(ボールヒッチ)によってけん引されるシャシー(フレーム、車軸系などのみ)を架装し製造したものでボートの積載を主な目的とする(キャンピング車とは異なる)

ページの先頭へ